志的勉強会のご案内

NPOのための弁護士ネットワークでは、NPOの理事・スタッフや、税理士・弁理士・行政書士といった士業、中間支援団体、プロボノなどの多様な立場の方々に集まっていただき、NPOの経営に関する法的課題とその解決法の検討や事例・書式等の共有などを定期的に行っています。
ご関心のある方は、お気軽にご参加ください。
2018年11月勉強会『事例から考える監事の不祥事対応』(終了しました)

NPOの監事とは何をするのが仕事でしょうか。どのような責務を負っているのでしょうか。そして、万一不祥事が起こったとき、どのように対応しなければならないのでしょうか。
今回は、NPOの監事の果たすべき役割について、お話ししていきたいと思います。 とりわけ、今回は、「不祥事が起こったときの監事としての対応」にフォーカスします。NPOの代表者が不祥事を起こした場合を想定した設例をご用意しますので、それを下敷きに、監事の果たすべき役割をご説明した上で、そのような役割を果たすための対応方法と対応ごとのサンプル書式もご提供して、皆さんと一緒に考えていきたいと思います。
さらに、今回はスペシャルなご協力者として、NPOへの支援を通じて社会課題に取り組む公認会計士の団体「特定非営利活動法人Accountability for Change」の創設者である駒田和也さんをお招きします。駒田さんには、非営利組織の不正調査の公表事例から話題を提供していただき、公認会計士として不正事例に対峙する場合の思考過程もご紹介いただきながら、監事の役割の実践的なところを、さらに深めていきたいと思います。
というわけで、今回は、監事の不祥事対応を中心に、実務的、実践的な内容でお送りします。
現在ご活躍されている監事の皆さんだけでなく、不祥事防止の体制作りにご興味のある役員、担当者、団体関係者の皆さんに是非ご参加いただきたいコンテンツです。
皆さまのご参加、お待ちしています。

発表者

駒田和也氏(公認会計士、特定非営利活動法人Accountability for Change 創設者)

中川直政(弁護士・ニューヨーク州弁護士、NPOのための弁護士ネットワーク理事、准認定ファンドレイザー)

日時 平成30年11月20日(火)午後6時45分(開場6時半)〜9時
場所 日本財団ビル会議室
東京都港区赤坂1−2−2
参加費 2000円(事前決済・キャンセル不可)
定員 35名(定員に達し次第、締め切りとさせていただきます。)
申込方法 以下の URLからお申し込みください。
https://npolawnet20181120.peatix.com/
※お申し込み後、Peatixからメールが届きますので、必ず確認してください。
※事前決済のキャンセルは受け付けておりませんのであらかじめご了承ください。
※ご不明な点がございましたら、info@npolawnet.com までご連絡ください。
懇親会 勉強会終了後、懇親会を予定しています。
(参加申込み・参加費は、勉強会当日になります。)
共催 日本財団CANPANプロジェクト

過去の勉強会・シンポジウム

過去の勉強会・シンポジウムについては、こちらをご覧ください。